ワタシは不倫の経験が少なそうな人妻に出会いましたよ。
不倫なれしていて完全に割り切ってサバサバしている人妻もいいけど、初々しくて処女みたいな人妻と出会うのも悪くないですね。
どちらも魅力があって、どっちがいいかは決められませんね。

すらっとした人目を惹くような女の人

彼女はすらっとした女の人なんですね。
子どもがいるというんですけど、学校とかに行けば、保護者の中で目立つでしょうね。
そんな大勢から注目を集める彼女の胸には、おっぱいがないんです。
おっぱいが大きければ完璧なのにと思いますね。
もし彼女のおっぱいがもう少し大きければ、ワタシは自分の奥さんを捨てて彼女を選んだことでしょう。
ということは、おっぱいが小さいほうがよかったのかも?
いろんな相手と不倫してきたワタシですが、待ち合わせ場所で見かけた彼女があまりにもステキだったので、声をかけるときに緊張してしまいましたよ。

彼女は不倫が初めてかも

服を着ているときに、たぶんないだろうなと思ったおっぱいは、バスタオルを巻いただけの彼女の姿を見たときに確信に変わりました。
黙って彼女をベッドに押し倒して、バスタオルを剥ぎ取ると、広い平原にブドウのような乳首が二つ転がっていました。

彼女の下腹部に目をやると、対照的にもっさりとしたヘアがありました。
さらに観察すると、しばらくぶりに処理をしました、と白状するかのような赤い斑点がヘアの周りにぽつぽつとしているのが見えました。
それを見ると、この人妻は出会い系での不倫の経験はあまりなさそうだなと思いましたね。
そういう意味では処女みたいなものです。
その証拠にバスタオルを剥ぎ取られた彼女は、恥ずかしそうに両手で胸を隠していました。
ウブな感じがかわいかったですね。

ウブな彼女にはやさしくした

胸を隠す腕をそっと掴んで腋にどけました。
「ああ、ついに・・・」みたいな観念した表情がそそりましたね。
観念したところにチュッと口づけをしましたよ。
ベロを差し込んでベロベロと舐めました。
彼女はこの時点で「どうにでもして」という状態になっていました。
だから、どうにでもしてあげたくなったけど、そこはやさしくやさしく、ね。
二つのブドウもちぎれないようにやさしく噛んで先っぽを舐めました。
意外と反応が鈍くて、攻め手を変えることにしました。
下腹部のほうを攻めることにしたんですよ。
もっさりしたヘアに隠れたクリを舐めると反応が激しくなりました。
彼女は乳首よりももっさりしたヘアをかき分けた先にあったクリのほうが敏感でしたね。
まだまだこれから開発していけそうだと思いましたよ。

人妻と熟女に会えるおすすめ出会い系サイトはこちら